2022.03.04

神奈川県での水回りリフォームの事例をご紹介!水回り4点パックならグランディルへ

神奈川県相模原市でリフォーム・リノベーション工事を請け負っている株式会社グランディルです。
今回は弊社のおすすめしている水回り4点パックについて詳しくご紹介していこうと思います。

グランディルの水回り4点パックのご紹介

水回り4点パックとは、「システムキッチン」「ユニットバス」「洗面化粧台」「トイレ」の商品と、工事交換をワンパッケージにしたまるごとおまかせのリフォーム商品です。

グランディルでは、「LIXIL」「Panasonic」「TOTO」の3大メーカーの3つのプランをご用意しております。

とにかく安く済ませたいという方には、130万円〜で始めることができる「ライトプラン」がオススメです。さらに、食洗機などの機能もプラスした一番人気の「スタンダードプラン」や、機能や接部などにもこだわりたい方には「プレミアムプラン」をご用意しております。

今回の施工事例をご紹介


直近の事例でいいますと、築年数50年程度の戸建における水回りのリフォームがありました。

若いご夫婦が住まれていて、「とにかく予算の関係で安い4点パックでリフォームしたい」とのことでしたので、ユニットバスはコストパフォーマンスの良いPanasonicのオフローラというシリーズに変更いたしました。

キッチンはお客様自身で購入されていて、弊社で付け替えを行うような形で対応いたしました。(弊社でサイズを測って、お客様側で選んでいただきました)

トイレに関しては広さの問題もあり、TOTOの隅付きタンクに変更いたしました。ウォシュレットのみ新型コロナウイルスの影響から部品が納品できず、お客様側で購入いただきました。

洗面台に関してはLIXILのオフトというタイプをご提案


予算の関係もあり、今回のケースはイレギュラーな対応になりましたが、図面をあらかじめいただければ、このような対応も可能です。

例えばマンションで大きな梁があったりする場合、換気扇の上の幕板をカットしないと設置できないという時に、カットできない幕板というものがあったりする場合があります。カットできる幕板と、カットできない幕板があって、特に何もいわなければメーカーさんはカットできない幕板を入れてしまうものです。

このような、現場で作業を進めていくうちに初めてわかることもあるので、そのようなことのないように、既存の建築や設備について、こちらからメーカーとお客様の双方にきちんと確認しています。

水回りのリフォームは一度にリフォームした方が安く済む!

グランディルでは、水回りのリフォームを一度にすることをおすすめしております。

ポイント1. 工事費用が安く済む

水回り4点リフォームを行うと工事費用は安くできます。例えば、リフォームを行う際に、養生を必ず行う必要があります。それぞれのリフォームを別々に行うとその都度養生する必要がありますが、同時に行うことで養生の作業は一度で済み、コストカットできます。

また、キッチン、洗面所、お風呂、トイレを一度にリフォームすることで作業効率も上がるため、その分もコストカットすることができます。

料理を一品一品別々に作るのと、まとめて作るのでは料理時間が短縮できるのと同じイメージです。150万円ほどのリフォーム工事の場合、約15万円の工事費用をコストカットすることができます。

ポイント2 統一性を持ってリフォームができる

水回りに限らず、リフォームは家全体で統一感を持たせることも大切です。洗面所のクロスとトイレのクロスのテイストが全く異なっていると内装のまとまりがなくなってしまいます。

水回り4点リフォームを同時に行うことで、キッチン、トイレ、洗面所、風呂の空間のテイストを合わせたリフォームが実現できます。

ポイント3. 予算配分ができる

リフォームにかけられる予算の中で、譲れない部分と、こだわらない部分を明確にしていくことがオススメです。トイレは標準スペックでいいけれど、キッチンはステンレスにこだわりたいなど、あらかじめ自分の中に基準を設けておくことが大事です。

別々にリフォームを行うと必要以上の機能をつけがちですが、水回りの4箇所を一度にリフォームすることでご自身のこだわりに優先順位をつけることができ、無駄なコストをかけない適切な予算配分を行うことができます。

ポイント4. 工期がスムーズに進む

セットでリフォームをご注文していただくことは、工事全体の工期もスムーズに組み立てることができます。「1回にまとめてしまうことで工期が長引かないの?」と思われるお客様がいらっしゃるかもしれませんが、まとめてご注文していただくことで、(現場にもよりますが)おおよそ工事は「4日」で終わらせることが可能です。

さらに費用と関係のないところでいえば、お家に知らない人が出入りすることをストレスに感じる方も多いのではないでしょうか。1回に全ての水回りのリフォームをご注文されることは、工期が短く済むだけでなく、職人の出入りを少なくすることができるので、ご家族のストレスを軽減することにも繋がります。

他にも、水回りを1ヶ所リフォームした後、他の水回りの”汚れ”相対的に目立ってしまい、結果的に4点全てをリフォームされるお客様も少なからずいらっしゃいます。

そうなってくると、水回りはやはり”セット”でリフォームしてしまうことがお得且つ合理的なリフォームであるといえるでしょう。

水回り4点パック各種プランの違いについて

各種プランは各メーカーが発売しているグレードごとに分けたプランになっています。グレードが上がると選べる色の違いから、使用できるオプションの種類が増えます。

また、同じ機能のオプションがついていたとしても、形状が変わる場合があります。 例えばPanasonicのライトプランとスタンダードプランを比較すると、レンジフードの形状が変わります。
昨今、レンジフードの流行りはフラット型が人気でこれはスタンダードプラン以上のプランで利用できますが、 ライトプランでは旧来から利用されているボックス型のレンジフードになっています。 機能性については大きな違いはありませんが、フラット型の方が、コンロ回りが若干広く感じるというメリットはあります。

この様に水回りの4点リフォームのセットごとに多少の変化があります。 何かご不明点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

デザインの自由度について

昨今のリフォームの傾向はどちらかというと、シンプルな意向を持たれている施主さまが多いです。個性的なキッチンやトイレ、バスルームよりも、全体的な統一感を考えている方が多いようです。そのため居室内の基調を白にしている場合、水回りも白かグレーを提案いたします。

そのような中でもデザイン性のアップを希望される場合は、アクセントクロスやダイノックスシートのご提案をさせていただいています。アクセントクロスは壁紙の一部に別の色や柄の入ったクロスを採用することです。これによって部屋の中がおしゃれに演出されるほか、コントラストができて部屋に広がりが出てきます。

一方、ダイノックスシートとは、ドアなどの建具、家具、家電などに貼ることができるシートです。耐水性も高いので、バスルーム内や洗面所、キッチン周りにも使うことができます。

このアクセントクロスやダイノックスシートによって、他にはないリフォームにすることができます。水回り4点セットに加えて採用することで、より個性的な部屋にすることができます。

まとめ

弊社ではリフォームを分かりやすく・お安く提供するために「水回り4点パック」という形を用いていますが、これ以外は受け付けないという訳ではもちろんありません。要望に合わせて「4点パック」を自在に変更して提案することも可能です。

例えば、キッチンの機能を強化したい場合は、キッチンのみグレードを良いものに変更することも可能ですし、反対に費用を抑えたいというのであればグレードを下げることや、別のメーカーを選ぶという選択肢もあります。

まずはどのようなリフォームを望んでいるのか、要望をお聞かせください。適切なリフォームを提案させていただきます。

BLOG
TOP