2018.09.14

店舗のトイレリフォームをする際に考えておきたい事

こんにちは、神奈川・東京でリフォームを承っているグランディルです。
突然ですが、店舗の「水回り」のリフォーム。圧倒的に多い相談は「トイレ」だという事をご存知でしたでしょうか?
それは店舗のトイレリフォームはお家と店舗で、考えなくてはいけない箇所がまるで変わってくるからなのです。
そこで今回は「店舗のトイレリフォーム」をお考えの皆様に、リフォームを施工するより前、あらかじめ考えておいて頂きたいポイントをご紹介させて頂きたいと思います。
ついつい外観や、店内フロアに比べて後回しにしてしまいがちな「トイレ」ではありますが、注意しなくてはいけない事は他水回りよりも多いと言って過言ではなのです。

店舗トイレのリフォーム、悩みどころはデザイン性と耐久性

店舗のトイレをリフォームする際、まず具体的に考えなくてはならない事はお家のトイレ以上に「デザイン性」が重要視されるという事ですよね。
言わずもがな、仮に「内装に力を入れたお店のトイレ」が「お家のトイレ」だったらどこか違和感を感じてしまいます。
個人経営・チェーンの店舗かかわらず、人気のお店は概してトイレにまで気を配った内装を考えられている事も多いのです。
また、デザイン性に加えて一番考えなくてはいけないポイントは、お家のトイレと比べた時、店舗のトイレは圧倒的に使用頻度が高いという事。
ひいてはトイレの耐久性、もとより「水漏れ」を防ぐ施工をお家のトイレ以上に意識しなくてはならないのです。

店舗のトイレならではのリスク!

店舗のトイレの「水漏れ」に関しましては特に気を遣わなくてはならない箇所でありますので、更に具体的に以下に書かせて頂きます。
様々なお客様が利用され、使用頻度も高い「店舗のトイレ」は、どのような点を考えなくてはならないのでしょうか

(1)利用者の中には「雑に」トイレを扱われる方も!

店舗が居酒屋や「お酒を提供するお店」である場合、様々な方がご利用される上、酔われたお客様もトイレを利用するわけですから、雑に扱われてトイレそのものが「ぐらつく」ケースをも考えなくてはなりません。
ましてや他テナントも集合するような、2階以上に構えられる空中店舗での漏水は、階下に店舗がある場合、賠償問題にも繋がって参ります
かと言って、設置方法自体を個人宅と変える事は出来ません。
ですので、少しでもくらつき・不具合がある場合には、すぐにご連絡していただくよう、弊社はお話しをさせて頂いております!

(2)トイレの清潔さは店舗そのもののイメージを左右します!

デザインは勿論の事、トイレを清潔に保つ事」は店舗そのもののイメージをも左右します。 
たまにコンビニなどでトイレのタイルが真っ黒、思わず目を背けてしまいたくなるようなトイレを見かける事はございませんか?
飲食店であれば尚の事。「トイレの清潔さ」はお店のイメージを左右する直接的な原因にも繋がって参ります。
これは1例ですが、清掃のしやすさを考えた場合、トイレ床をタイル施工ではなく、フローリングで施工する事も弊社ではお勧めしております
床をタイルで施工した場合、ミゾの掃除は毎日の事となるので大変ですよね。トイレを清潔に保つために「張り替えやすいフローリング」を使用する事も1案なのでございます
ことさら、女性客が多い店舗などは特に清掃性を重視したご提案が必要になってくると弊社は考えております! 

(3)デザインにもとことんこだわって下さい!

トイレといえば「白色」のイメージが強いですが、最近ではニーズや用途に合わせ、例えば「黒色」など、内装に合わせ複数カラーも存在しております!
また、トイレそのものもそうですが、内装のデザインも重要視したい所。最近では「汚れの目立たないオシャレな壁紙」を選んだりする事で、「清潔に保ちつつもおしゃれ」なトイレのご提案もする事が可能です。

トイレリフォームは「実績」のある施工会社をお選び下さい!

メーカー自体の商品は店舗も個人宅も変わりません。ですので、店舗のトイレリフォームをお考えであれば、リフォーム会社が店舗様のことをよく理解してより提案する必要があります。
弊社は、手前味噌ではございますが、個人宅は勿論の事。店舗様の水回りリフォームにも数多くの実績がございます
その経験より、今お客様が目の行き届かない懸念事項なども考えを巡らせる事ができるとも自負しております。
冒頭でも申し上げました通り、他内装と比較した時ついつい後回しにしてしまいがちな「トイレリフォーム」でございます。
今、店舗のトイレリフォームをご検討されている方は、ぜひ1度弊社にお話だけでもお聞かせ下さい!

 

トイレリフォームの詳細はコチラ
BLOG
TOP