2018.05.30

トイレ・お風呂・キッチン……水廻りリフォームのチェックポイント

神奈川県相模原市で水廻りから壁、和室などリフォームを専門に手がけているグランディルです。
リフォームのなかでも特に人気のあるのが水廻りのリフォームです。築年数の長い住宅でも、水廻りだけでもリフォームすると生活の質がぐっと高まります。そもそも、水廻りは使用による劣化や損耗も激しいので、リフォームといえば水廻りを思い出されることが多いようです。
とはいえ、水廻りのリフォームを人生で何回も行うひとがそうそういるわけではありません。水廻りをリフォームしたいけど、リフォームは初めてでお困りの方もいらっしゃるのでは?そこで、今回は水廻りのリフォームでチェックすべきポイントをお伝えします。

トイレリフォームのチェックポイント

トイレの広さは必ずチェック!特に特殊な商品の時は……


リフォームで導入するトイレが普通のトイレタンクと便器で構成されている場合には大丈夫なのですが、背面に収納が附属しているなどトイレ内の空間を特殊な使い方をするなら、トイレの広さはチェックしておいたほうがいいでしょう。
広さのチェックは本来なら初歩的なチェックポイントなのですが、だからこそチェックを怠るリフォーム業者が多くなっています。広さをチェックしないでトイレのリフォームをしたために、圧迫感を感じるようになったとか、トイレットペーパーがとりづらくなったなど、リフォーム後の後悔はちょっとしたチェックで予防できます。

お風呂リフォームのチェックポイント

タイル貼りのお風呂からのリフォームはタイル下地の状態に要注意!


タイル貼り(在来工法)のお風呂から、ユニットバスへのリフォームは長らく人気のリフォームとなっています。タイルを剥がして、そのままユニットバスを入れるだけのリフォーム業者もありますが、絶対にタイルの下地は要チェックです。
なぜなら、タイル下地は木材なのですが、タイルから水が浸透してしまったために下地が腐っていたり、シロアリがいたりすることもあるからです。「下地がボロボロの場合には、下地も補修してくれるんですか?」とリフォーム前には確認するようにしましょう。下地がボロボロのまま施工してしまうと、耐震性に問題が生じます。
そもそもリフォーム業者ならお風呂の様子をみたら、下地の状態はなんとなく想像がつくものです。見積もり時に下地の補修の説明がないリフォーム業者は要注意です。20~30年前のお風呂の場合には、タイルから水が浸透しないことはないので絶対に要注意です。

キッチンリフォームのチェックポイント

お客様の希望よりも自分たちの都合を巧みに優先させる業者は避けるべき


キッチンリフォームをするお客様のなかには、キッチンの場所から変更したい方もいらっしゃいます。もちろん、グランディルではキッチンの場所変更や壁付きキッチンからオープンキッチンの変更など、大々的なリフォームも柔軟に承っています。
しかし、キッチンの場所変更はできないというリフォーム業者はよくあるようです。それは、本当にできないのではなく、工夫すればできる場合が多々あります。たとえば、とあるお客様が大手リフォーム業者に現地調査を頼んだところ、お客様にとってあまり好みではない場所にしか移動できないと言われたそうです。そこで、私たちが現地調査にうかがうと、確かに一見するとそのように見えるのですが、床下まで見るとより柔軟な施工ができることがわかりました。
お客様がわからないからといって、言葉巧みに自分たちに都合のよい内容を押し付けてくるリフォーム業者に頼んでも良い結果を招かないことははっきりと言えます。

リフォーム業者選びでは「人」の印象が大切です

ホームページやパンフレットなどの表面的な情報だけでリフォームを選ぶのではなく、「人」を見て選ぶのがオススメです。この意味で、現地調査は大切なステップです。そのリフォーム業者が、リフォームについての知識が不十分な様子を見せたのだとしたら要注意。たくさん質問をして、安心して任せられる人かどうかを確認しましょう。その際に、しっかりした受け答えをしてくれたのであれば、まずは安心といったところです。「確認させてください」を繰り返す人も同じく要注意です。
現地調査に来た人が施工を担当するわけではありませんが、施工管理担当者にはなります。知識不足な人が管理者の場合、職人が良い仕事はできなくなってしまいます。
グランディルでは、現地調査から実際の施工も、丁寧にご納得いただける対応をしております。お気軽にお問い合わせください。

水回り4点工事の詳細

 

BLOG
TOP