2018.09.11

お風呂のリフォームに「ユニットバス」をお勧めする理由!ハーフユニットという選択肢も!

こんにちは、神奈川・東京でリフォームを承っているグランディルです。
今、皆様がお家で使われているお風呂はユニットバスでしょうか?それともタイル張りのお風呂でしょうか?
皆様がお風呂の新しくリフォームしようと考える時、一番初めに頭をよぎる事は、

・機能性を重要視したユニットバス
・昔ながらのタイル張りのお風呂

どちらを選ぶべきか、という問題がまず挙げられるのではないでしょうか?
今現在使われているお家のお風呂から「どうせ新しくするならユニットバスにしたい」とお考えになる方が多くいらっしゃる一方で、デザイン性を重要視、「新しくタイル張りのお風呂をご希望」される方もまたいらっしゃいます。
弊社ではお客様の強い希望がない場合、原則としては「ユニットバス」をお勧めしております。その理由はどこにあるのでしょう?
今回は弊社がユニットバスをお勧めする理由と共に、新しい選択肢としての「ハーフユニット」までをご紹介していきたいと思います!

ユニットバス需要増加の理由は、防水性とコスト面

ユニットバスが登場したのはここ30年、それより前に建てられたお家にはタイル張りの在来工法で施工されているお風呂が殆どであります。
その登場と共に、ユニットバスは年々タイル張りのお風呂に変わって「お家のお風呂」の新基準として台頭してくるのでありますが、その背景にはどのような理由があったのでしょうか?
以下で詳しく見ていきたいと思います。

(1)優れた防水機能!メンテナンスがほぼ必要ありません!

今現在、従来工法のお風呂をご利用されていて、20〜30年の間満足なメンテナンスを施していないタイル張りのお風呂は、とても危険な状態にあります。
それは、お風呂の防水層が経年劣化よりボロボロになっている為、水がお風呂の下地まで染み込んでしまっている可能性が非常に高い為です。
劣化したお風呂を使い続け、1度漏水してしまったお風呂はメンテナンスを施す事は不可能
「補修」…ではなく、「1から工事」する事と変わりがないのです。その為コストも100万円弱と決して安くはない金額がかかってしまいます。

対し、掃除をするのみで半永久的に防水効果を発揮するユニットバスは安全面、また何かあった時の補修にかかるコスト面から見ても非常に良心的なお風呂とも言えるのです。

(2)メンテナンスのコストがユニットバスであれば半額に!

今、在来工法の補修には100万円かかると申しましたが、
何とユニットバスであれば、リフォームにかかる費用をその半額50万円〜80万円までコストを抑える事も可能になります。
またリフォームにかかる工期も早くて3日程度頂ければ工事は完了。 これもコストが安くなる一因です!

両者のいいとこ取り、新しい「ハーフユニット」という選択肢

以上では、機能面とコスト面を見た時、ユニットバスがタイル張りのお風呂に取って代わっていった優位性をご説明致しました。
しかし、それでも、のレトロな見た目より在来工法のタイル張りのお風呂を希望される方もいらっしゃると思います。
そういう方のためにお勧めしたいのは「ハーフユニット」です。その名の通り「ハーフユニット」は下半分だけユニットバスですので、壁面をタイル張りにする事も可能であります!まさに両者のいいとこ取りとも言えるお風呂と言えるでしょう。

お客様に1番あった「お風呂」をご提案させて頂きます!


いかがでしたでしょうか?
お風呂のリフォーム1つとっても「ユニットバス」・「タイル張り」でその耐久性、リフォームコストが大きく変わる事をご説明させて頂きました。
また最近ではユニットバスのデザイン性がとても高くなっており、バリエーションも沢山ございます。
お風呂のリフォームをご検討の方はぜひ1度弊社にご相談をお寄せ下さい。
毎日使うお風呂の事ですから、「値段」・「デザイン」などなど。お客様がご納得されるご提案をさせて頂きます。

 

お風呂・ユニットバスリフォームの詳細
BLOG
TOP