2018.05.31

フローリング補修ならプロが1番!弊社の「フロアコーティング」

フローリングをお使いの皆様へ!手入れをしていますか?!


こんにちは。神奈川県相模原市でリフォームを専門に手がけているグランディルです。今回は「床」のお話をさせていただきたいと思います。
皆さまの住まわれているお宅の床には、フローリングの床材が使われている事が多いと思います。フローリングは足触りが大変良く、見た目も木材特有の暖かさがあり、畳に引けを取らず人気の床素材です。なんだかとっても落ち着きますよね。

フローリングへの劣化は無頓着?実は傷つきやすいのです!


さてそんなフローリング床ですが、「耐久性」を考えた事はございますでしょうか?「見た目が丈夫そう……」といった先入観よりフローリングはお手入れをついつい忘れがち。
フローリング床には長所がたくさんあります。しかしながら、一般的に言えばフローリングは10年も経過すると、傷がつき、目に見える形で劣化してきてしまうものです。便利で有能な反面、勿論の事デメリットもあるのです。
顕著なのは「傷のつきやすさ」。フローリングは傷に弱いのです。傷が目立つようになってしまうと、フローリング全体を貼り替える事しか対処法はありません。しかし、張り替えには多額の費用がかかるから大変ですね。できる事であれば完全な劣化を避けるためにできる限りのお手入れはしたいところであります。

フローリングを長持ちさせる為にはどうすれば?かと言ってワックスは大変……


ですから、フローリングがなるべく長持ちするように、なんとか対策を講じなければいけないわけです。従来、フローリングを傷から守るために最も使われていたのは、ワックスでした。ワックスをかければ床は傷から保護され、かつ、ピカピカの見た目が保持されるので、これまで長く使用されてきた歴史があります。
しかし、そんなワックスにも欠点があります。それは何かと言うと、メンテナンスがとても大変だということです。ワックスは割とすぐに剥離してしまいますので、定期的なメンテナンスを欠かすことができません。ご自分でワックス掛けをやられる方もいらっしゃると思いますが、あの作業を定期的に行うとなると、やはり、労力も時間もかかりますし、ちょっとストレスを感じてしまいますよね。

それでは弊社のご提案「フロアコーティング」はいかがでしょう?


そこで、弊社が今回ご提案させて頂きたいのが「フロアコーティング」になります。従来のワックスと何が違うのかご説明させて頂きます。
「フロアコーティング」というのは、ざっくり言って、様々な種類の液剤等を使用して床材を保護する事です。その目的はフローリングの耐久性の向上と、綺麗で素敵な仕上がり。とりわけ耐久性の面ではワックスの比ではありません。
おおよそ3ヶ月から半年に1回はかけなおさなくてはいけないワックスと違って、弊社のご案内するフロアコーティングは(種類にもよりますが)10年程、メンテナンスフリーで性能を発揮してる事が期待できます。
更に、フロアコーティングはワックスと違って、半年でダメになったりしません。だいたい10年は耐久性を維持してくれます。見た目も、ツヤツヤのものから落ち着いた雰囲気のものまで、色々なパターンを選択することが可能なんです。傷や汚れからしっかり床を守ってくれるし、日光や水にも強いです。
一昔前はワックスが主流でしたが、今はお客様からフロアコーティングに大変なご好評をいただいており、人気があります。気になる費用の面ですが、30坪の戸建ての場合ですと、およそ30万円から35万円での施工が可能となっています。床を張り替えるのにかかるコストと比べたら、これはもう破格のコストパフォーマンスを誇ると言ってもいいと思います。
新築ではなく、リフォームを良い機会にフロアコーティングを検討したい、という方には、フローリングを剥がすことなく上張りを行い、その上からフロアコーティングを施すという方法をご提案させていただきます。

フロアコーティングならプロにお任せ!是非一度ご相談下さい!


ただし、一点注意がございます。フロアコーティングを行っても、表面が波打ってしまい見栄えが大変悪くなってしまうことがあります。これは専ら施工技術の不足によるものです。実際のところ、施工を行う業者の選定は慎重にやらなくてはいけません。弊社はフロアコーティングの実績がたくさんありますので、自信をもって請け負わせていただきますからその点ご安心下さればと思います。新築やリフォームの機会に、フロアコーティングを検討している方は是非、弊社にご相談下さい!

床リフォームの詳細
BLOG
TOP