2018.03.08

お客様が満足のいく内装って何から生まれるの?

神奈川県相模原市にあるリフォーム専門会社、GRANDILL(グランディル)です。私たちは、水回りの急なトラブルから、外壁・屋根のメンテナンスまで内装・外装リフォームに関するすべての業務を行っています。
グランディルでは、内装は施工だけではなく、設計から行っています。お客様にとって”しっかりと施工されているか”も大事ですが、”自分のイメージ通りのデザイン”に仕上がっているか”もすごく大事なポイントです。
今回は、グランディルの設計士についてご紹介したいと思います。内装というのは、設計士やデザイナーによって全く変わってきます。お客様のご要望を実現するのが基本ですが、丸が好きなデザイナーや四角が好きなデザイナーなどデザイナーの特徴もあります。

内装職人に近い設計士

グランディルの設計士の特徴はというと、個人宅・店舗・集合住宅問わず様々な現場の知識を持っていることです。デザイナーでありながら、現場の知識も豊富です。例えば飲食店でいうならば、効率よく店を回すために「ここに何を置いた方がいい」だったり、「厨房機器はこのメーカーのこのサイズの物がオススメ」など店を使う状況まで考えた話ができることが大きな特徴だと思っています。
内装の見た目だけのデザインではなく、人が過ごす空間まで想像したデザインができるかどうかが私たちの腕の見せ所です。

やりたいことを聞くだけではない

内装の設計・デザインは、美容師にも似ているなと思います。
例えば、腕のいい美容師さんはお客様が雑誌を見せて「この髪型にしたい」と伝えたとすると、「お客様の頭の形はこうなのでここはこういう風にした方がいいと思います」ですとは、「働く時とお休みの日でスタイリングをこう変えると楽しめますよ」などお客様の要望を、髪質・頭・ライフスタイルにフィットするような提案をすると思うんです。

グランディルもそうありたいと考えています。
お客様の「こうしたい!」をただそのまま施工するのではなく、「こうしたらもっと使いやすくなるかもしれませんよ」とか「この色の方が合うかもしれません」など提案を細かくするようにしています。
最終的には、お客様に選んでいただくのですが「自分のイメージだけで突っ走るんじゃなくて、プロからの意見をもらえてよかった。」と言っていただけると提案してよかったなと設計士と職人で小さくガッツポーズしています。(笑)

南イタリアの別荘風から、日本家屋まで

お客様が過ごしやすい内装を提案することの重要性をお伝えしましたが、ベースには高いデザイン力がないといけません。
お客様のイメージも様々なので、南イタリアの別荘のような内装にして欲しいであったり、縁側が素敵な純和風の内装にしてほしいなどご要望は幅広くいただきます。
最近では、「バリ風のお店を作ってほしい」ですとか「海外のホテルのような内装にしたい」というお話をいただいたりもしました。
お客様が「バリ風のお店にしたい」と思った背景には、自分のお客様にどう過ごしてほしいとか、こんなサービスがしたいという夢が詰まっていると思うんです。
その夢をしっかりヒアリングして、サービスを提供している瞬間を想像しながら内装を考えていく作業はこちらまでワクワクしてきます。

”その空間が使われる瞬間を想像して”お客様と一緒にワクワクできるような設計士・デザイナーに仕事を依頼することをオススメします。
そういう設計士の周りには必ず、その想いに応えたい熱い職人がいるはずです。

そうするとデザインだけではなく、内装の施工・仕上げまで間違いのない仕事が生まれていくのです。

水回り4点工事の詳細
BLOG
TOP