2021.06.11

納得のいく店舗のリフォームはデザイン、機能性、予算のバランスが鍵

神奈川県相模原市でリフォームおよびリノベーション工事を請け負っている株式会社グランディルです。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、飲食店は長期間の営業時間短縮や酒類の販売自粛などで大打撃を受けていますが、東京などでは空いた店舗をリフォームして新規出店を計画しているオーナー様もすでに数多くいます。またテイクアウトに特化するなど、新生活様式に対応するためのリフォームを検討している方もいます。

そこで今回のコラムでは、店舗のリフォームについて弊社のスタイルや予算、さらに注意してほしい点などをお話させていただきます。

 

夢のような店舗から現実に向けて調整していくことで納得のプランに

これから「お店を出したい」と思っているオーナー様にすると、店舗内装に対する希望や要望、憧れは多いはずです。「こんな店舗ならお客さんが来そう」「こういうお店なら働きやすい」といったように誰もが思い描いているからです。

ですから弊社ではまずはその希望や要望をすべてお聞きし、それを盛り込んだ企画を提示するスタイルを採用しています。つまり一回目の提案で出させてもらうのは、オーナー様の憧れがすべて詰まった店舗なのです。

しかし、希望をすべて叶えていたのでは費用は膨大になることがほとんどです。そこでここから費用を調整していき、予算に見合った企画にオーナー様と一緒にしていくのが弊社のスタイルです。

オーナー様によって違いますが、最初のプランに対して必要なものからA、B、Cといったようにランクをつけたり、「絶対必要」「できれば欲しい」「グレードを下げたい」「あると便利」といったように分けていきます。

実は、見積もりを複数社から取って比較検討される場合は、この方式だと予算オーバーの見積書を提示することになるのですぐにお断りされることもあります。しかしこの方式でプランを決めていくことで、予算面もデザイン面も機能面もすべてで納得できるベストな店舗デザインになると自負しています。

この方式によるこれまでの平均的なモデルで言えば、予算の目安は下記のようになります。

美容室…1坪40万円~50万円

飲食店…1坪50万円~70万円

これは店舗の内装はもちろん、店構えの看板やハザード部分も作り込んだすべてを合わせた価格です。内装のクオリティや業態によって大きく変化しますし、オーナー様の意向によっても予算は上下していきます。

 

心臓部である厨房には最大限の予算を

予算に合わせてデザインや機能を調整する際に気をつけることは、削る部分を間違わないことです。どうしてもオーナー様はデザインを優先してしまうので、「そこは削れません」という部分を削りたくなってしまいます。

その代表的なのが設備・仕様に関するものです。特に空調・換気と給排水設備は飲食店でも美容室でも必要不可欠な設備です。お店にとって重要なところで、ここは適切に予算をかけないといけません。

中でも電気配線、給水管、排水管、ガス管、冷媒管、ドレーン管、ダクトといった配管類は必要でありながら、見えない位置に設置しなければなりません。そのために適当なスペースが必要になります。例えば、飲食店の排水溝は勾配が必要で、そのため床に厚みがなければいけないのです。このためのコストを削除することはできません。

このほか、厨房は店舗運営の心臓部になりますので、飲食店であればこの部分のカットは難しいことも覚えていて欲しいですね。ガスや電気の容量が不足している場合は増設工事が必要なケースもあります。ここもカットすると、火力が弱いままで料理長が本来の力を発揮できない、お湯が出づらいために洗い物に時間がかかるといったことも考えられます。

 

店舗の内覧は契約前に店舗設計に携わる人と一緒に

物件の内覧をする際は、我々のようなリフォーム会社や設計士さんなど店舗の設計に携わる人と一緒に行くことがおすすめです。電気やガスの容量は足りるのか、厨房はどこに設けるのがいいのか、といったことを給排水管の位置や、電気配線の状態、ダクトの位置などを見て判断することができます。

また物件によってそれぞれにルールがあります。そのため、例えば新たにエアコンを導入する際などは壁に穴を開ける必要もありますが、穴を開けることは一切できないのか、開けられるとしてもどこまでが大丈夫なのか、といったことも専門的な立場からアドバイスをもらうことができます。

弊社でも物件の内覧に同行させていただきますが、ある程度、物件に目星をつけてからで構いません。

ただしその際には、

・席数は◯席必要、

・利益を出すために○回転くらいさせたい、

・美容室であればカットをする場所は◯席必要、

など、店舗の大きさをイメージしておいてくれると助かります。

デザイン、機能性、価格のバランスを取れるようサポート

店舗デザインはお店の印象を決めるのはもちろんですが、従業員の働きやすさ、お客様の居心地の良さなどにもつながっています。ですから、デザインを優先しすぎず、機能性や予算とのバランスをしっかり取ることが重要です。

弊社では独自のスタイルでオーナー様の夢を実現できるよう店舗リフォームのプランを提案させていただいています。理想を叶えるために一緒に汗をかかせていただきますので、ぜひ弊社グランディルにご相談ください。

ご相談は電話やメールのほか、LINEでのお問い合わせも受け付けています。

BLOG
TOP