2021.05.13

「水回り4点パック」なら賢く、そしてお安く水回りのリフォームができます!

神奈川県相模原市でリフォームおよびリノベーション工事を請け負っている株式会社グランディルです。

今回はリフォームのご依頼で多い「水回り」についてのお話です。

水回りとはキッチン、トイレ、バスルーム、洗面所の4つを主に指しますが、この水回りリフォームの際にお客様からよくご指定を受けるメーカーが「TOTO」です。広くお客様から支持されているTOTOには製品としてどのような特徴があるのか、施工する立場からみてお話をさせていただきます。

また私どもでは「水回り4点パック」という商品を提供させていただいています。こちらの商品の魅力についても紹介いたします。

国内で約6割のシェアを占めるTOTOとは?

TOTOと言えば、トイレのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。日本で初めて洋式便器を製品化したのがTOTOです。その後も、タンクレスやトルネード洗浄などトイレにまつわるさまざまな技術を世に送り出しています。今ではすっかり定着したウォシュレットもTOTOが開発したものです。商標登録もしている商品名なので、他社製品の場合は「シャワートイレ」など他の言葉を使わなければいけないのですが、ご存知でしたか? 弊社社員もお客様へのご説明の際に気をつけていますが、それほど「ウォシュレット」という言葉は浸透していますね。

TOTOはトイレだけではありません。ユニットバスを日本で初めて作ったのもTOTOで、トイレと同じようにさまざまな技術を開発しています。

特に床に採用されている「お掃除ラクラクほっカラリ床」はお客様からの希望が非常に多い製品です。W断熱構造で冷気をシャットアウトするため、冬場も足の裏がヒヤッとすることはありません。すべりにくく、乾きやすいカラリパターンを使っていて、お掃除もしやすいという機能性に優れた床材です。

日本国内では、トイレや洗面器などの衛生陶器のシェアを、TOTOが6割も占めており第1位。「水回り=TOTO」というイメージがみなさんの中で定着しているのも納得ですね。

 

構造がしっかりしているので施工がしやすくミスも起きにくい

TOTOが他のメーカーと違うところは、水回りの商品しか取り扱っていないところです。つまりそれだけ水回り商品に力を注いでいて、自信も持っているということだと思っています。

施工する側としてTOTOの製品に感じることは「施工がしやすい」ということです。素材もしっかりしているし、構造もがっしりしているため、施工していると組みやすさを感じるのです。

お客様にしてみると「それはどういうこと?」ということになりますが、実はこの施工のしやすさによって施工ミスが発生しづらくなっているのです。製品面での機能も優れていますし、施工ミスも起きにくいということで安心して製品を使ってもらえると思っています。

 

グレードで選べるように3種類の「水回り4点パック」を用意

トイレはもちろん、お風呂のリフォームの際もTOTOをご指名になるお客様はたくさんいらっしゃいますが、さらに弊社ではこれらの水回りのリフォームをお得にできるように、「水回り4点パック」を提供しています。パッケージに含まれているのは「システムキッチン」「ユニットバス」「洗面化粧台」「トイレ」の商品と交換工事です。

トイレやバスルームのイメージはあるけど、「システムキッチンも作っているの?」というお客様も多いと思いますが、実は他のメーカーに比べて品質や機能性に遜色はありません。もちろん価格も大きな差はないので、私どもでは自信を持っておすすめしています。

「水回り4点パック」のプランは、最安の「ライトプラン」、人気の「スタンダードプラン」、こだわりたい方向けの「プレミアムプラン」の3種類のグレードを用意しています。

価格帯はマンションと戸建て住宅によって若干の違いがありますので、下記を参考にしてください。

 

<水回り4点パック〜TOTO利用の場合>

ライトプラン(とにかく水回りを新しくしたい方のお気軽パック)

マンション120万円〜、戸建て130万円〜

 

スタンダードプラン(食洗機などの機能もプラス、一番人気のリフォームパック)

マンション180万円〜、戸建て170万円〜

 

プレミアムプラン(機能・設備・デザインもこだわりたい方のトップグレードパック)

マンション220万円〜、戸建て230万円〜

 

工事費用が抑えられるなどメリットが多彩な「水回り4点パック」

弊社ではTOTOのほかに、国内のトップメーカーであるリクシルとパナソニックの「水回り4点パック」を用意していますが、この「水回り4点パック」が人気なのは次の3つのメリットがあるからと考えています。

その3つとは「工事費用が抑えられる」「室内に統一感が出せる」「予算配分ができる」です。

それぞれに見てみましょう。

 

工事費用が抑えられる

リフォームを行う際は室内で養生を行いますが、4カ所同時に行うことでその作業は一度で済みます。また工事に関わる時間や材料もカットできるため、別々にリフォームをするよりもコストカットができるのです。

統一感が出せる

水回りを同時にリフォームする場合、同一メーカーの設備を設置することで色味や素材感なども統一させることができます。また、キッチンと洗面所などの壁紙クロスのテイストを合わせることもできるので、室内のイメージが統一しやすくなります。

予算配分ができる

トイレは標準でいいけど、キッチンにはこだわりたいといった場合にも「水回り4点パック」でのリフォームは非常に有効です。優先順位をつけてリフォームができるため、無駄なコストを省いて、予算配分を適切にできるのです。

 

グランディルの「水回り4点パック」はこちら!

 

要望に合わせて「水回り4点パック」の内容を変更することも可能

たくさんのリフォーム工事を行っている中で感じていることは、リフォームで優先するのはもちろんメーカーではなく、「何を大切にしたいのか」「何を大切にするのか」というお客様の意向です。

弊社では分かりやすく、またお安く提供するために「水回り4点パック」という形を用いていますが、これ以外は受け付けないという訳ではもちろんありません。要望に合わせて「4点パック」を自在に変更して提案させていただいています。

例えば、キッチンの機能を強化したい場合は製品のグレードをあげることもできますし、反対に費用を抑えたいというのであればグレードを下げたり、別のメーカーを導入することもできます。

まずはどのようなことを望んでいるのか、要望をお聞かせください。適切なリフォームを提案させていただきます。

BLOG
TOP