2020.01.24

プロが教える「少しでもリフォームを安く済ませる」方法

神奈川県相模原市でリフォーム・リノベーションを請け負っております株式会社グランディルです。

「リフォームをしたい。でも費用が高い、少しでも安くならないか?」

そうお考えのお客様は、きっと少なくないでしょう。

お家は、「買ったきり」という訳には行きません。
長く綺麗に使うためにはどこかのタイミングでリフォームをすることを避けては通れません。しかし、費用が軽視できないことも、また事実です。

特にリフォームに対し、現状復帰のみをお望みであるお客様であれば、少しでも費用を抑えたいとお考えになることは、当然でしょう。

そこで、今回は弊社グランディルが教える「少しでもリフォームを安く抑える方法」をお伝えしていこうと思います。

現地調査に何人も連れてくる業者は避けるべき?

まず、料金が高くついてしまうリフォーム業者の見分け方を1つご紹介すると、上にも書いた通り、「現地調査に何人も連れてくる業者」は少し疑った方がいいかもしれません

どういうことか、順を追ってご説明していきます。

まず、前提として、リフォームに関する現地調査は、「プロが1人いれば充分」であります

ですので、2人以上で来る場合は……極端な話ですが、その現地調査に「直接関係のない人」が同行しているケースも想定されるのです。

直接関係のない人はなぜそこに居合わせているのでしょうか?
その方がたとえば「営業」であれば、目的は現地調査の場で見積もりをだし、利益を少しでも上乗せすることにあります

また、さらに大人数でく現地調査に来られる場合、その中にはリフォーム専門”外”の方が混じっているケースも想定出来ます

実は今、新築の需要低下から、「建設業ではあるものの、リフォームには特化していない、窓口だけのリフォーム会社」が増えてきているのです。
そう言った会社は、取ってきた案件を仲の良いリフォーム会社に横流しすることが可能です。
横流しをされてしまうことでもちろん施工料は高くなりますし、専門外の方が出した見積もりであれば、なおのこと金額は上がってしまうのです。

付け加えるのであれば、そのような会社はリフォームに関して責任が取れない上、会社同士の連携にも期待が持てず、レスポンスやアフターフォローも満足にいかないことがあるので要注意です。
※もちろんのこと、複数人で現地調査にくる会社全てに当てはまるわけではありません!

会社が用意する不透明なオプションを減らす

また、リフォーム会社が用意しているオプションを減らしていくことも料金を安くするテクニックの1つです。

見積もり書をよく見てみると、各水回りにオプションがついているケースは非常に多いです。
「プロが出した見積もりだから」と、見流してはいけません。

事前にオプションの内容を把握、見積もり書をチェックして「どこの・何に・どれだけの金額がかかっているのか」、項目を1つ1つチェックし、要らないオプションに関しては不必要と伝えることでも施工料金は安くなります。

それ本当に必要な機能?プロに聞いてちゃんと見直そう

上記と内容は少し被りますが、お客様はリフォームをする動機、「リフォームにどんな希望を持っているのか、何が目的なのか」具体的に説明することも重要です!

会社によっては応じてくれないケースも存在しますが、弊社はお客様のご要望を聞いて後、

・「本当に必要な機能であるのかどうか」

・「(お客様の)想像通りのパフォーマンスが見込めないかもしれない」

など、お節介に思われるかもしれませんが、お客様目線に立ち助言をすることを心がけています。

値段交渉に抵抗を感じられる方も多いかもしれませんが、「なぜリフォームを検討されているのか」を振り返り、お伝えしていただくことで、値段を抑える努力を一緒に出来るようになります。

時には「ご自分で購入された方が安い」提案も?

それでも予定していた金額をオーバーしてしまう、「もっと安くしたい」お客様に対して、弊社は取っておきの提案をすることがあります。
それは、

・弊社を通さず、必要な部材をお客様にネットでご購入して頂き、
弊社には施工だけを任せて頂く

というものです。

リフォームの部材が用意されているのであれば、弊社の仕事は職人の方を手配することだけ。
他リフォーム会社で、このような対応はなかなか出来ないと自負しておりますし、必然的に施工費用が安くなることも、お分かりいただけるのではないでしょうか

しかし、施工費用が安くなる分、もちろん注意点もございます!
※このご依頼の場合、お客様がご購入された部材に関し、弊社で責任が負えないことをご理解ください!
※万が一不具合が起きた場合、メーカーは業者にこそ対応が早いですが、個人のご購入に対してアフターフォローが不完全であることも覚えておきましょう!

「安い」からと言って品質が落ちる訳ではありません!



以上、リフォームを安くする方法を、プロの視点からお伝えさせていただきました。

最後になりましたが、リフォームの大前提は、施工後に今のお家をさらに快適に過ごしやすくすることを目的とするので、「安い施工=品質が保証されない」わけではありません

今、リフォームの決断を迷われる要員が予算であるならば、是非とも一度弊社にお話しをお持ちよせください。
他社に真似することのできない、最大限の努力をもってグランディルは対応します!

キッチンリフォームの詳細
BLOG
TOP