2018.03.08

「使い勝手」+「デザイン性」=「店舗風住宅」のご提案

相模原市で店舗と住宅の建築を手がけるグランディルです。

一軒家は今でも家族の夢です。長年の貯金やローンを託して一軒家を建てるのなら、妥協することなく隅々まで自分たちの納得がいく住宅にしたいですよね。

そんな皆様にグランディルは「店舗風住宅」という新しいカテゴリをご提案したいと思います。店舗と住宅の建築を同時に手がけてきたグランディルだからこそできる提案です。

知っていましたか?店舗と住宅の建築の違い


「店舗風住宅」というのは、「店舗」の良さと「住宅」の良さを建築的に融合させたものですが、まず初めに「店舗」と「住宅」の建築の違いをご説明します。

店舗の場合には、オーナーさんは一日でも早く開店したいという事情があります。そのため、工期は必然的にタイトになります。職人さんたちも、仕事がおろそかになるわけではありませんが、どうしてもスピード重視の仕事になり、細かなところの仕上がりに粗が目立ってきてしまいます。ただ、デザイン性については、店舗の売り上げに直結してくるので、オーナーさんとかなりシビアな打ち合わせを積み重ねます。

住宅の場合には、家を建てる方はそこに実際に住むわけなので、細かなところを気にする傾向にあります。また、生活空間としての使い勝手が、引き渡し後の満足度に関わってきます。

グランディルは店舗の建築実績が多数あるのが強みです。そのためデザインについては自信があります。もしグランディルが住宅の建築に関わるのであれば、店舗建築で培ってきたデザイン性を住宅建築に落とし込んでいきたいと思っています。

それが「店舗風住宅」なのです。

「店舗風住宅」を考え始めたきっかけ

「店舗風住宅」をグランディルが考え始めたきっかけは、お客様のニーズにグランディルの店舗建築のノウハウで応えられると気付いたからです。

この記事をご覧になっている皆様のなかにもいらっしゃるかもしれませんが、「どこそこのカフェみたいな家にしたい」という要望が一時期から増え始めました。あるいは、店舗建築の注文時によくあるような「北欧風にしてください」とか「バリ風にしたいと思っています」という要望も増えました。

今は、住宅といえばデザイン性よりも機能性に特化した会社が多いように感じます。そのなかでグランディルは、皆様の夢をかなえていくために「店舗風住宅」の実現に動いています。

感性のすり合わせができるような準備をする

「店舗風住宅」を実現するうえで重要になるのが、お客様との感性のすり合わせです。デザインの好き好きは感性によるものですから、打ち合わせのなかでお客様の感性を理解していきます。

といっても、感性を言葉で説明するのは誰だって難しいのが問題です。上手く感性を説明できないから、好みに合わない箇所があっても黙っておいて、あとで不満が残ったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでグランディルでは、住宅建築でよくあるような平面図や部材を見せる打ち合わせに加えて、パース図を見せる打ち合わせをしています。パース図ならば、お客様が図を指して「ここがちょっと違う」と意見を言うことができます。

店舗建築のノウハウを住宅に活かすことで、ひとりでも多くの住宅建築への夢を実現させていきたいと思っています。

「いいな」と思った空間を教えてください

「そろそろ一軒家を」と思っている方は、日常の中で「いいな」と思う空間に敏感になっていることでしょう。そのなかには店舗のデザインも多くあると思います。

住みたい家のイメージは漠然とでもかまいません。グランディルのスタッフが一緒になってあなたの夢が詰まった「家」を考えていきます。

 

水回り4点工事の詳細
BLOG
TOP