まとめてリフォームするとお得!

水回り3点工事

水回り3点パックは「システムキッチン」「ユニットバス」「トイレ」の商品と工事交換をワンパッケージにした、まるごとおまかせのリフォーム商品です。
4大メーカー3つのプランをご用意しております。

水回り3点パック
水回り3点パック
主要取扱メーカー
  • LIXIL
  • Panasonic
  • TOTO
  • クリナップ

メーカー別料金表

  LIXIL Panasonic TOTO クリナップ

とにかく水回りを新しくしたい方のお気軽パック

ライトプラン

122詳細を見る 108詳細を見る 113詳細を見る
125詳細を見る
 124詳細を見る

食洗機などの機能もプラス、一番人気のリフォームパック

スタンダードプラン

153詳細を見る
152詳細を見る
165詳細を見る 163詳細を見る
157詳細を見る
 197詳細を見る

機能・設備・デザインもこだわりたい方のトップグレードパック

プレミアムプラン

235詳細を見る
235詳細を見る
223詳細を見る 160詳細を見る
221詳細を見る
 317詳細を見る
  • ※パックの工事費には解体・撤去費、設備工事を含みます。内装工事と初期費用は含みません。
  • ※表示価格は当社でグレード別に定めた設備の基本サイズ・基本仕様のものです。
  • ※対応できない地域、建物の形状がございます。
水回り3点工事をおススメする3つのポイント! 水回り3点工事をおススメする3つのポイント!

工事費用が安くなる

ズバリ、水回り3点リフォームを行うと工事費用は安くできます。
例えば、リフォームを行う際に、養生を必ず行う必要があります。
それぞれのリフォームを別々に行うとその都度養生する必要がありますが、同時に行うことで養生の作業は一度で済み、コストカットできます。
また、キッチン、お風呂、トイレを一度にリフォームすることで作業効率も上がるため、その分もコストカットすることができます。
料理を一品一品別々に作るのと、まとめて作るのでは料理時間が短縮できるのと同じイメージです。150万円ほどのリフォーム工事の場合、15万円ほどの工事費用をコストカットすることができます。

統一性をもって
リフォームができる

水回りに限らず、リフォームは家全体で統一感を持たせることも大切です。洗面所のクロスとリビングのクロスのテイストが全く異なっていると内装のまとまりがなくなってしまいます。
水回り3点リフォームを同時に行うことで、キッチン、トイレ、洗面所、風呂の空間のテイストを合わせたリフォームが考えられます。

予算配分ができる

リフォームにかけられる予算の中で、譲れない部分と、こだわらない部分を明確にしていくことがオススメです。トイレは標準スペックでいいけど、キッチンはステンレスにこだわりたい、など。別々にリフォームを行うと必要以上の機能をつけがちですが、水回りの3箇所を一度にリフォームすることでご自身のこだわりに優先順位をつけることができ、無駄なコストをかけない適切な予算配分を行うことができます。

水回り3点パック各種プランの違いについて

各種プランは各メーカーが発売しているグレードごとに分けたプランになっています。 例えばTOTOであればキッチンはミッテ→ザ・クラッソという様になっています。 グレードが上がると選べる色の違いから、使用できるオプションの種類が増えます。

また、同じ機能のオプションがついていたとしても、形状が変わる場合があります。 例えばPanasonicのライトプランとスタンダードプランを比較すると、レンジフードの形状が変わります。
昨今、レンジフードの流行りはフラット型が人気でこれはスタンダードプラン以上のプランで利用できますが、 ライトプランでは旧来から利用されているボックス型のレンジフードになっています。 機能性については大きな違いはありませんが、フラット型の方が、コンロ回りが若干広く感じるというメリットはあります。

この様に水回りの3点リフォームのセットごとに多少の変化があります。 何かご不明点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。